Skip to content →

メールを心をこめて書くこと

アメリカのある心理学者によれば、メールをする上でとても大切だと言われることとして、二つだけあるそうです。
まずは、メールは基本的に「心をこめて、相手を気づかった文章を書くこと」だと言われています。
これは、当たり前のことなので、皆さんしていることだと思うます。
そして、もう一つ大切なことが、「メールは比較的長い文章を書くこと」だそうです。
要するに「長さ」なのです。
誰もが無意識に思っていたことではありますが、そういうことを改めて断言されると、何か重みを持ってきませんでしょうか。
たとえば、手紙を頭で想像してみると、年賀状などであっても、単純に「あけましておめでとう!」と、一言しか書いてない年賀状であったら、ちょっとさびしく思えるものです。
相手と特別な言葉も何もない訳ですから、もらったほうもそういう関係だと思ってしまいます。
けれど、ハガキ一面にちょっとしたことを書いていたら、やはり嬉しく思えます。
私のことを特別に思ってくれているという気持ちになり、メールで良い印象を与える方法なんです。
もちろん、人によってはいろいろなので、長く書かれると「怖い」という人もいるかもしれません。
けれど、それは好意を抱いていない相手から、好意を示されているようで怖いと感じるからではないでしょうか。
いずれにしても、メールで話をする場合においては文章の「量は好意」と思ってよいもので、確かなものなのです。
そしてこのことは、手紙であっても「メール」でも同じ条件だという訳です。
けれど、メールを長くする方法といっても、簡単ではなく、そう言われても、なかなか長文メールって書くことは難しいはずです。
悪く考えると、色々と考えているうちに、どんどん時間がたってしまう危険性もあります。
実際に、メールで返事しても、「早い方が相手は嬉しい」ものかもしれません。
とてもシンプルな方法を考えてみると、相手のメール分を引用することです。
まとめてみると、メールは心をこめて、長く書いた方が、相手への印象が良くなります。
長い文章にする大切なテクニックは、「引用」し、こまかくレスすること、特にケータイでそれができればベストです。

硬さを見せる

もし、好きな男性がいるときに、すごくタイプの男性に食事に誘われたらどうしますか?
素直に行ってみるという女性が多いかもしれませんが、これがきっかけにうまくいかなくなってしまうことも考えられます。

男性は自分の彼女になりそうだと思っている女性に対して軽さは求めません。
デートに誘われたが断る、食事に誘ってもなかなか良い返事をしてくれない女性に惹かれます。

簡単には落とせない女性は追いかけたくなりますし、好意を持ちます。
落ないと「どうすれば良いのか・・・」と考えますし、いろいろな手段を上げると思います。
ここに男性は快感を覚えるところがあるのです。

手に入らないものが手に入ったときや、苦労をして成功した時には本当にとんでもなく喜びます。
逆に手に入ってしまうと「なんだ・・・」ということで感動があまり得られないこともあります。
なかなか手に入らないというもどかしさを男性に与えることも女性には求められる部分です。
しかし、拒絶してしまうと逆効果になってしまいます。

思わせぶりな態度・・・という感じでしょうか。
食事に誘われたら「絶対にいや」という感じでは相手は打つすべがこの時点でなくなってしまいます。
ですが「友達としてでしょ?」という感じで答えると、これが意外にも好感触になります。
一緒には食事するけど、恋人という感じではない・・・ということを見せると男性は更なる手を考えます。